01 ファイルの構造

ダウンロードした ZIP ファイルを展開(解凍)した中身は次のようになっています。

bib
このフォルダを使用します
bookshelf フォルダ
ウェブ公開したい EPUB をここに入れます
i フォルダ
BiB/i の本体です
extensions フォルダ
機能拡張ファイルが入っています(中身は割愛)
index.html
これをブラウザで表示して使います
presets フォルダ
表示カスタマイズ用のプリセットファイルが入っています
default.js
これを編集することで表示を様々にカスタマイズすることができます
res フォルダ
BiB/i 本体のプログラムなどがまとめられています(中身は割愛)
i.js
ウェブページへの埋め込みに使用します
i.css
ウェブページに埋め込まれたときの基本スタイルが書かれています
(ほか、割愛)

02 パソコンの中で使う

  1. ダウンロードしてきたファイルを展開(解凍)してください。
  2. パソコンの中で使う場合は、bib/i/index.html をブラウザで開いてください。
  3. お持ちの EPUB ファイルをウィンドウ内にドラッグ&ドロップすると、その EPUB を表示します。
  • 次の項目のウェブ公開と同じように bookshelf フォルダを使えば、アドレスバーの URL で本を指定することもできますので、ブラウザのブックマークとあわせれば本棚のようにも扱えます。

03 ウェブに公開する

  1. 上記、パソコンの中での使用方法と同様に、ダウンロードしてきたファイルを展開(解凍)してください
  2. bib フォルダをそのままお好きな場所にアップロードしてください。
  3. たとえば http://your.web.site/somewhere に bib フォルダをアップロードしたとします。その場合は、ブラウザで http://your.web.site/somewhere/bib/i/ にアクセスすれば、パソコンの中で開いたのと同様に扱えます。
  4. 公開したい EPUB は、bookshelf フォルダに入れます。そしてブラウザで http://your.web.site/somewhere/bib/i/?book=ファイル名.epub にアクセスすると、その EPUB がビビで表示されます。
  5. EPUB ファイルをそのまま処理させると、動作が非常に低速です。EPUB にする前のフォルダ、または EPUB を ZIP ファイルとして展開したフォルダをアップロードし、 http://your.web.site/somewhere/bib/i/?book=フォルダ名 にアクセスすることを強くおすすめします。

04 ウェブページに埋め込む

  1. 上で説明した http://your.web.site/somewhere/bib/i/?book=フォルダ名 形式の URL を使用します。
  2. 次の書式のタグを、お好きなところに貼り付けてください。
    <a href="http://your.web.site/somewhere/bib/i/?book=フォルダ名" data-bibi="embed" data-bibi-style="埋め込まれたビビに適用したいCSS">本の名前</a><script src="http://your.web.site/somewhere/bib/i.js"></script>
  • たとえばこんなふうになります。
    <a href="http://your.web.site/somewhere/bib/i/?book=page-blanche-bitmaps-in-spine-20120809" data-bibi="embed" data-bibi-style="width: 100%; height: 400px;">マイ・グレート・ノベル</a><script src="http://your.web.site/somewhere/bib/i.js"></script>